天カセエアコンとは、天井カセット型エアコンの略称です。フィルター、吸い込み口や吹き出し口が一つにまとまっていて天井部分に本体が埋め込まれた空調機のことを言います。2方向や4方向に風を送るため、一般的なタイプのエアコンに比べて室温にムラができにくいです。比較的、大きな空間に使われることが多いです。吹き出し口が4方向のタイプは業務用エアコンといえばというメジャータイプです。天井と一体化して、すっきりと目立たないため、店舗等の雰囲気を壊さずに景観になじみます。一般事務所から店舗まで多くのシーンで使用いただけます。天カセエアコンにはいろいろな形があり、それにより用途も変わります。メーカーによって馬力や仕様により取り扱いのない場合があります。使用環境に合わせて無料現場調査・見積もりを行ってくれるところもあります。

天カセエアコンの種類と長所と短所について

一つ目の4方向天井埋込カセット形のエアコンは、吹出口は4方向に向かう正方形タイプで950mmの大きさです。また付加機能が多くあり、自動フィルター掃除機能や人感センサーや除菌などがあります。温度が均一になりやすく、風向調整機能などが充実していますし、デザイン面では化粧パネル部分のカラーが豊富です。二つ目の天カセ形の4方向コンパクトタイプは700mm~760mmです。天井にはあまり余裕がない、スペースが限られているミニショップや事務所にお勧めです。コンパクトサイズで温度ムラの軽減などの4方向と同じ機能を使用することができます。しかし、通常の4方向天カセタイプに比べて、選べる馬力タイプが少ないという短所があります。三つ目、2方向天井埋込カセット形は、吹出口が2方向の長方形タイプ、デザインがシンプルで照明の当たりに平行してオフィスの内部に調和します。4方向吹出タイプに比べて風が偏りやすいです。

天カセエアコンの種類と長所と短所についての続きを紹介します

四つ目の1方向天井埋込カセット形は、吹出口が1方向しかない長方形のタイプで、シンプルでコーナーの設置や下がり天井に最適です。しかし、4方向や2方向のエアコンに比べて風が偏りやすいという短所があります。五つ目の天井ビルトインカセット形は、室内機を天井に埋込み、フレキシブルダクトで風向きを分散させることで室内に最適な空調環境が作れます。室内のレイアウト、物件などによって柔軟な対応ができます。しかし、他の業務用エアコンと比べてみても、費用が比較的高くなります。六つ目の天井埋込ダクト形は、室内機を天井部分に埋込み、本体から吹込口や吹出し口を分散して、店舗内の形やレイアウトに合わせた空調設定や豊富なオプションが特徴です。このように天カセエアコンだけでも様々な種類や特徴があるので、事前にどのタイプが適しているのかしっかりと判断することが大切です。