天カセとは、天井カセット型のエアコンの略です。フィルター、吹き出し口、吸い込み口が一体となった、天井埋め込み型のエアコンです。吹き出しが2方向タイプ、4方向タイプのものが多く使われており、一般的な壁かけ型のエアコンに比べて、室内の温度にムラができにくいです。広い空間に使われることが多いです。天カセのエアコンにも、形は部屋の空間に合わせてあるなどいろいろとあります。吹き出し口が2方向、4方向のものは、正方形の形になります。吹き出し口は、2列あって長方形のものもあります。こちらは、オフィスの照明の並びにマッチして、見た目に違和感がありません。長方形の比較的狭い空間の部屋に向きます。他には1方向コーナータイプもあり、長方形ですが部屋のコーナーや下がり天井に取り付けるものになります。

いろいろな場所に対応する天カセタイプのエアコン

吹き出し口、4方向で正方形タイプの天カセのエアコンは、950㎜が標準サイズになっていて業務用エアコンでは一番よく使われているタイプです。オプションで付加機能をつけることも可能なため人気です。付加機能とは人感センサーや除菌、自動フィルター掃除機能などです。予算に合わせて便利なものを選べます。同じタイプで950㎜より小さいサイズのものは、メーカーによって大きさに違いがあり、だいたい700㎜~760㎜になります。天井面積に余裕のない、小さい店舗や事務所などに使われます。中には、特殊な天カセのエアコンもあり、室内機を天井内に埋め込み、本体からダクトをのばして吹き出し口を分散させるタイプです。部屋の形やインテリアに合わせることができるのでデザイナーズ物件などに使われます。

天カセのエアコンにする利点とは何があるのでしょう

天カセタイプのエアコンの最大の利点は、ずばり見た目です。天井と一体になっているので、部屋の空間に圧迫感もなく、見た目もスッキリしています。部屋を広く見せる効果もあります。また、配管を気にする必要がありません。外付けエアコンは、通気口の配置場所によって設置できるところが限られます。天カセのエアコンは、そういった配慮が必要ありません。ただ、残念なことに利点ばかりではありません。元々、建物を建築段階から天カセのエアコンを考えている場合は、まだ良いのですが、後付けになると、天井自体の張替えが必要になるので、大規模な工事になり、もちろん費用もかかります。メンテナンスについても、天井にあるので、メンテナンスは限られた業者にお願いすることになります。ただ最近は、自動掃除機能が付いたものもあるので、そういった機能を付ければ安心です。多少の負担はあるにせよ、店舗などでは見た目重視が大事です。