天カセエアコンとは、天井埋め込み型のエアコンのことをいいます。一般的な家庭用エアコンとは異なり、吹き出しのパワーが強く、業務用としてオフィスなどの広い空間に使用されることが多いです。部屋の雰囲気やデザインを重視して天井と一体化させ、空調の存在を目立たせたくない場合に適しています。吹き出し口のタイプは1方向、2方向、4方向、下吹き出し、360度全方向など様々で、部屋全体が快適に過ごせるように調整することができます。エアコンの用途に注目した場合、天カセエアコンは幅広い業種で選ばれていることが分かります。例えばオフィス、教育現場、飲食店など、長時間同じ姿勢で座ることが多い場所では、エアコンの風が直接人に当たることがないように配慮するべきです。そのような場所で温度のムラがないようにするため天カセエアコンが選ばれています。

天カセエアコンの設置に必要な工事

新しく設置する場合、室内機と室外機を決められた場所へ運び、据付け工事をします。そして配管工事、溶接、配管の保護、電気工事へと進み、配管に冷媒という熱を移動させるガスを入れたら、運転に問題が無いかを確認して工事完了です。既に設置されているエアコンがある場合は、工事場所の養生から始まって冷媒ガスを回収し、既存のものを撤去してからの作業となります。ガスの回収から撤去後の廃棄までは法令で定められている手順で進められます。天カセエアコンの設置工事には、一般的な家庭用エアコンの取り付け工事とは異なる専門的な知識と作業が必要です。室外機の設置場所によってはクレーン車が必要になる場合もあるため、実際に現地で専門業者のスタッフと下見をし、搬入ルートのチェックや作業スペースの有無を確認してもらいましょう。

天カセエアコンの設置に掛かる費用

業務用として天カセエアコンを設置する場合、工事費用の相場は10-30万円です。既存のエアコンとの入れ替えか、新設の工事かで配管の設置に掛かる費用が変わりますし、エアコンの馬力、室内機と室外機の台数によっても変わります。初期費用を抑えたければリースという選択肢があります。長く使用する見込みがあれば、修理保証が付いたリースを検討するのも良いでしょう。また、CO2削減目的で省エネルギー設備の購入を対象とした、政府や地方自治体の補助金と助成金があるので、費用の削減に活用すると良いでしょう。ネットで検索をすると格安で設置費用を提示している業者が存在しますが、実際には本体価格を下げて設置価格を高くするというケースもあります。エアコンの設置が決まったら複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。