天カセエアコンとは配管などが天井内に隠れていて、天井に設置するタイプのエアコンです。目立ちにくいのでインテリアに溶け込みやすいです。主に店舗やビルなどに使われている業務用のエアコンのことです。風の吹き出し口の数によって向いている環境が変わります。1方向の吹き出し口はお部屋の隅に設置します。縦長の部屋や省スペースな天井カセットは吹き出し口が2方向のものが設置しやすいです。よく使われる吹き出し口が4方向のタイプは、各方向に風が吹き出すので温度のむらを抑えることができます。また、どこにでも設置できる点も使いやすいです。注意点として、設置の際に天井内にスペースが、ある程度必要である点です。フィルターお掃除機能付きタイプでは天井内のスペースが必要になります。入れ替え工事の際に以前使用していたエアコンとサイズが異なる場合には天井の補修や天井の穴の大きさを調整する必要があります。

天カセエアコンの特徴、選び方とは

天カセエアコンを選ぶコツとしては、まず空調機の大きさ、馬力、冷暖房の種類を選ぶことです。面積からエアコンを選ぶ際は、床面積から冷暖房の負荷を算定することで大きさを決めます。詳細な負荷を計算するには、日射や外壁からの負荷や人員、照明なども必要です。床面積に対し、熱負荷では適正な空調システムが選定できません。ですので、専門的な技術者に計算してもらう必要があります。熱負荷から最適な馬力を選ぶ際には設置する場所に適した形から機種を選定します。冷暖房機器の種類を選ぶ際、システムにはセントラル方式と個別分散方式という2種類があります。天カセエアコンは様々な形状があります。空間の構造や設置条件、機能が用途に合っているかといった点を考慮してエアコン選びを丁寧に行うことが大切です。

天カセエアコンを選ぶ際に留意したいこと

天カセエアコンを選ぶ際に気をつけたいポイントとして、設置場所のスペースや室内のデザインなどに考慮した形状、床面積に加え建物の構造に合った能力、省エネ効率、空調機器に精通した施工業者の提案と施工です。重要なことは設置場所と使用用途に合っていることです。最適なエアコンを選ばなければ、冷暖房の効率が悪く、効きも悪くなり電気代がかかります。最適な空調、快適な環境を作るには形状の選定が最も重要で、設置場所のスペースに応じた選択が重要となります。天井カセット4方向タイプは、気流が部屋全体にひろがり、風当たりの不快感を軽減することができるので、最も人気があります。温度のムラも少ないため、店舗や事務所等、どんな環境でも重宝します。天井カセット2方向タイプは、見た目がスッキリしている点でメリットと言えます。照明やインテリアにも馴染みやすいので、事務所や会議室、廊下などで使う場合におすすめです。