骨董品と言えば掛け軸や陶器などを思い浮かべるかもしれませんが、実際には西洋アンティークなども高い人気を得ています。このような骨董品については、その価値を見極めることが大切であり、中には贋作や偽物といった物を本物と偽って売買している場合もあります。このような偽物を購入しないように、骨董品を見分ける方法を身に付けることが必要です。実際に蚤の市などで掛け軸や陶器などを売っている場合もありますが、本物であるかどうかを見極めることは難しいのが実情です。このような場合には、自分の得意とする分野に絞ってアンティーク品などを探すことが大切です。陶器などについての歴史を学ぶことで、本物と偽物の特徴を知ることが出来るのです。特に陶器の場合には製造された時代によって特徴がある場合が多いので、これらの情報を参考にすることが大切です。また、博物館や美術館などで本物の掛け軸や絵画、陶器などの美術品に親しむことも大切です。本物が持つ独特の雰囲気を感じることが出来るようになれば、高い確率で本物と偽物を見分けることが可能となります。さらに、古物商などの専門家の知り合いを作ることで、専門家しか知らない偽物の特徴なども知ることが出来ます。このように普段から骨董品について情報収集を行うことで、骨董品やアンティークを見分けることが出来るのです。