カーペットを購入するメリット
2017.06.29

ポップな部屋「一軒家を購入する」「マンションを購入する」ということは、多くの人が思い描く夢の1つです。
そのブームは今後も続いていきそうですが、そのマイホームの「中身」の考え方が変わり始めていることを、ご存知でしたか?
今までは、床と言えば、オシャレなデザインのフローリングでしたが、最近では絨毯やカーペットを選択している人が増えてきました。
理由は単純で、インテリアのカーペットとして利用しようと考えているからです。
ともあれ、インテリアという視点ではなく、ここでは現実的に「カーペット」のメリットを説明していきます。

■ホコリを始めゴミを集めてくれる

カーペットのメリットは何と言っても、ハウスダスト問題を解決してくれるというもの。
ハウスダストはアレルギー体質の人にとっては、大きな問題で…それこそ死活問題に発展してもおかしくありません。

「ゴミを集めてくれる」というメリットのカラクリはこうです。
カーペットや絨毯の繊維が、ハウスダストを吸収(付着)してくれるからです。
ホコリが溜まって不衛生と紹介されることも確かにあります。
また、掃除がしにくいため、非常に面倒という話もあります。
これは裏を返せば「飛散をしない」と置き換えることができるわけで、モノの捉え方1つで違ってくるというわけです。
ちなみに…逆の言い方をすれば、フローリングはハウスダストを飛散してしまうデメリットがあることになります。

■冬の寒い時期は…やはり本領を発揮してくれる

冬の寒い時期、フローリングだと、どうしても「冷たさ」が増してしまい、体感温度を著しく下げてしまいます。
対して、カーペットは、非常に暖かいため、居心地が非常によくなるという大きなメリットが。
(反面、夏は暑いという大きなデメリットがあることは言うまでもありませんが)
特に床暖房との相性は抜群で、暖房いらずでシーズンを過ごせてしまう地域もあります。
昨今の家は密閉性が高いため、本当に暖かく過ごすことができます。

■フローリングを保護してくれる

小さなお子様がいるご家庭で新築となった場合、やはり「フローリングを汚されたくない」という気持ちが強くなります。
であれば、絨毯やカーペットを引くことで、このリスクから守ってくれるというわけです。
昨今のカーペットは安いため、使い捨て感覚で購入することも可能なため、1つのメリットと言えるでしょう。
フローリング派だという人も、この時期を我慢するだけで、家をリスクから守ってくれるわけですから、熟考する価値はあるはずです。

▲ ページトップへ